--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-26(Fri)

女子フリー

真央頑張った!
これはヨナが点数出しすぎですので仕方ないです。

3A全て完璧だったし、頑張ったと思います。

真央、銀メダルおめでとう!
スポンサーサイト

2010-02-25(Thu)

いよいよフリー

いよいよ待ちに待ったこの瞬間が迫ってきました。
金メダルはヨナか、真央か、それともロシェットか。
今日は僕の思いを思いっきり書きたいと思います。
まずはフリーの滑走順です。

1 トゥバ・カラデミル
2 Sonia Lafuente
3 劉 艶
4 エレーナ・グレボワ
5 アナスタシア・ギマゼトジノワ
6 サラ・ヘッケン
7 シンシア・ファヌフ
8 キーラ・コルピ
9 Cheltzie Lee
10 サラ・マイアー
11 ユリア・シェベシュチェン
12 郭 整
13 アリョーナ・レオノワ
14 鈴木 明子
15 カロリナ・コストナー
16 ラウラ・レピスト
17 Ksenia Makarova
18 エレーネ・ゲデバニシビリ
19 レイチェル・フラット
20 安藤 美姫
21 金 姸児
22 浅田 真央
23 ジョアニー・ロシェット
24 長洲 未来

今度はヨナの直後に真央が滑ることになりました。
2007年の世界選手権で真央が2位になったとき、この時もSP1位はヨナでした。
そしてヨナが真央より先に滑った。
2006年のGPファイナルでは真央がSP1位でヨナが先に滑った。この時は真央が負けた。

ここからわかることは滑走順はあまり関係ないということ。それよりも順位です。
真央がヨナに勝った試合はジュニア時代を除いて、ヨナがSP1位で点差があまりないときと言っていいでしょう。
07年の世界選手権、08年のGPファイナルはそうでした。08年の世界選手権はヨナが不調でしたので例外でもいいと思いますが、それでもSP2位からの逆転でした。

要は真央は逆転の真央なんです。だから滑走順はあんまり関係ないんじゃないかな。ただ、ヨナが完璧な演技をしたら、そのときは万事休すかもしれません。

でも、まずは自分の演技に徹してほしい。そして、真央スマイルで終わること。これがフリーの鍵です。
僕は真央なら可能だと思っています。今シーズン前半は本当に苦労してきたから、だから、最後は笑わせてあげたい。

真央は絶対大丈夫です。僕は信じています。


フリー前の公式練習、NHK総合でこのあと1時30分くらいからやるそうです。
僕は見れるかわからないけど、頑張れ真央!

2010-02-25(Thu)

女子SP

1 金 姸児
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
44.70 8.60 7.90 8.60 8.40 8.75 0.00 78.50 通過

まあ完璧ではありました。ただ真央の後でいまいち迫力がない気がしたのですが、
それはやはり演技構成点が真央とあまりかわらないところに出ているように思えます。
技術点での差はしょうがないです。やや点数出すぎな気もしますがフリーはどうでしょうか。

2 浅田 真央
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
41.50 8.25 7.40 8.40 8.10 8.20 0.00 73.78 通過

素晴らしい。オリンピックで今シーズン最高の演技ですよ。あとはフリーで力を出し切るだけです。
ヨナとの差もないと言っていいと思います。あとは本人の気持ちとの戦いです。思い切っていってほしいですね。

3 ジョアニー・ロシェット
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
39.20 8.10 7.70 8.15 7.95 8.30 0.00 71.36 通過
本当に感動しました。やっぱり彼女は地元では強いですね。ぜひメダルを取ってもらいたいものです。

4 安藤 美姫
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
34.80 7.70 7.00 7.60 7.50 7.65 0.00 64.76 通過
3-3が回転不足になったのは全日本で挑戦しておかなかったせいです。自業自得。フリー
もこのままだと3-3は無理でしょうね。

5 レイチェル・フラット
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
36.80 7.00 6.60 7.05 6.95 7.20 0.00 64.64 通過
まずまずの演技か。彼女はフリーが強いだけに注目です。

6 長洲 未来
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
37.00 6.85 6.40 6.75 6.70 6.75 0.00 63.76 通過
鼻血を出しながらよく頑張りました。今シーズン苦しんでいるフリーは最終滑走。どんな演技をみせるでしょうか。

7 カロリナ・コストナー
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
33.34 7.70 7.15 7.35 7.50 7.40 0.00 63.02 通過
なんとか持ちこたえましたが、さあフリーはどうでしょう。

8 アリョーナ・レオノワ
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
33.90 7.15 6.70 7.25 7.00 7.20 0.00 62.14 通過
やっぱりかわいいですね彼女は。応援したくなる選手です。

9 エレーネ・ゲデバニシビリ
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
35.80 6.60 6.05 6.75 6.55 6.70 0.00 61.92 通過
やっぱりオリンピックには強い彼女ですね。

10 ラウラ・レピスト
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
32.88 7.20 6.80 7.25 7.15 7.20 0.00 61.36 通過
これはちょっと不満足か。

11 鈴木 明子
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
33.10 7.25 6.70 7.05 6.95 6.95 0.00 61.02 通過
ヨナのあとでこの演技は立派です。フリーにつながると思います。

12 Ksenia Makarova
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
35.46 6.20 5.55 6.10 5.85 6.00 0.00 59.22 通過
曲が「ラヴェンダーの咲く庭で」真央を思い出しますね。真央のこのプログラムは最高だった。
もう一回見たいけど、そんな真央パワーに後押しされたのかパーフェクト!ウィアーもうれしそうです。

13 ユリア・シェベシュチェン
技術点 構成点 減点合計 SP合計 備考
技術 つなぎ 実行力/遂行力 振付 曲の解釈
30.70 6.90 6.30 6.80 6.70 6.75 0.00 57.46 通過

髪をくくっていたので最初だれかわかりませんでした。ちょっと残念な結果です。

2010-02-25(Thu)

おまたせしました男子フリー

1位United States LYSACEK Evan 2 90.30 1 167.37 257.67 Expand

もう完璧でしたね。4回転どうのこうのの議論はあるけど、日本のどのメディアも言っているように総合で
勝ったのですから、よくやったと思います。

Russian Federation PLUSHENKO Evgeni 1 90.85 2 165.51 256.36 Expand
あの演技じゃライサを超えるのは難しいでしょうね。でも絶対に転倒しないのはさすがです。

Japan TAKAHASHI Daisuke 3 90.25 5 156.98 247.23 Expand
4回転は残念だけど銅メダル本当におめでとう!世界選手権では優勝あるのみ!

Switzerland LAMBIEL Stephane 5 84.63 3 162.09 246.72 Expand
彼らしさがあまりみれませんでしたね。とくにジャンプが不調でした。

Canada CHAN Patrick 7 81.12 4 160.30 241.42 Expand
フリーは素晴らしかった。

United States WEIR Johnny 6 82.10 6 156.77 238.87 Expand
キス&クライでの姿に爆笑しました。復活してきたので今後が楽しみです。

Japan ODA Nobunari 4 84.85 7 153.69 238.54 Expand
靴ひもが・・・。しょうがないですね。ソチでリベンジです。

Japan KOZUKA Takahiko 8 79.59 8 151.60 231.19 Expand
4回転を成功させて本人もうれしそう。ただ3Aの失敗は残念。真央と練習しますか(笑)

United States ABBOTT Jeremy 15 69.40 9 149.56 218.96 Expand
フリーで挽回。

Czech Republic BREZINA Michal 9 78.80 11 137.93 216.73 Expand
今後が楽しみ。後半のミスが残念。

Kazakhstan TEN Denis 10 76.24 14 135.01 211.25 Expand
彼らしいいい演技でしたね。

France AMODIO Florent 11 75.35 15 134.95 210.30 Expand
この人も今後が楽しみな若手です。

Russian Federation BORODULIN Artem 13 72.24 12 137.92 210.16 Expand
いまいち荒っぽいけど今後伸びてくるでしょうか。

Spain FERNANDEZ Javier 16 68.69 10 137.99 206.68 Expand
彼にしては大躍進。

Sweden SCHULTHEISS Adrian 22 63.13 13 137.31 200.44 Expand
このフリーで一番印象に残った演技。本当に面白かった。独特ですよね彼は。

France JOUBERT Brian 18 68.00 16 132.22 200.22 Expand
本当に残念です。世界選手権での復活に期待。

2010-02-24(Wed)

真央

やった?! 素晴らしい! 最高!

次はヨナ頑張れ!

2010-02-19(Fri)

男子フリー

プルシェンコ敗れたり!
金は4回転のないライサチェック!

高橋は見事3位っ?(^ー^)/

2010-02-18(Thu)

男子フリーを前に

いよいよ男子フリーが迫ってきました。今夜は僕も緊張して眠れないかもしれません。

さて、滑走順を確認してみましょう。

1 Czech Republic VERNER Tomas 19 65.32
2 Italy BACCHINI Paolo 20 64.42
3 Austria PFEIFER Viktor 23 60.88
4 Canada CHIPEUR Vaughn 24 57.22
5 Ukraine KOVALEVSKI Anton 21 63.81
6 Sweden SCHULTHEISS Adrian 22 63.13

ここまでが第一グループ。ヴェルネルが最初なんですね。どんな演技を見せるか見ものです。

7 Germany LINDEMANN Stefan 17 68.50
8 Russian Federation BORODULIN Artem 13 72.24
9 United States ABBOTT Jeremy 15 69.40
10 Italy CONTESTI Samuel 14 70.60
11 Spain FERNANDEZ Javier 16 68.69
12 France JOUBERT Brian 18 68.00

第二グループにアボットとジュベール。フリーで挽回だ!

13 Japan KOZUKA Takahiko 8 79.59
14 Kazakhstan TEN Denis 10 76.24
15 Belgium van der PERREN Kevin 12 72.90
16 France AMODIO Florent 11 75.35
17 Canada CHAN Patrick 7 81.12
18 Czech Republic BREZINA Michal 9 78.80

第三グループには注目の若手がそろいました。その中に一人だけオジサンが!

19 United States LYSACEK Evan 2 90.30
20 Japan ODA Nobunari 4 84.85
21 Switzerland LAMBIEL Stephane 5 84.63
22 Japan TAKAHASHI Daisuke 3 90.25
23 United States WEIR Johnny 6 82.10
24 Russian Federation PLUSHENKO Evgeni 1 90.85

そして運命の最終グループ。大輔は完璧な演技を見せてプルシェンコにプレッシャーをかけたいところです。
この滑走順、そして順位。2007年の世界選手権を思い出します。あの時も大輔はSP3位だった。
そして、ランビエールは5位だった。ここでバトルを逆転して大輔が銀、ランビが銅となったわけです。
2人とも4回転跳んでね。金は結局ジュベールが逃げ切ったわけなんですが、これは他の2人と点差が開いていたから。
今回大輔には点差がありません。フリーで最高の演技をすれば、結果はついてきます。プルシェンコにはルッツに問題があると聞いています。最終滑走どうなるかわかりませんが、僕は大輔、プル、そしてランビが表彰台と睨みました。
ライサはSPで終わってます。たぶん・・・なんじゃないかなと。
信成はランビがとちらないと表彰台は厳しいでしょう。でも最高の演技を期待したいですね。

緊張の男子。これまで日本勢は惜しいところで金を逃してきました。2007年の世界選手権とファイナル、2008年の世界選手権とファイナル、2009年のファイナル。本当に惜しかった。
でも大輔なら最後にやってくれるはずです。僕は信じてます。大輔の進む道は間違っていないと。

2010-02-17(Wed)

男子SP

モブログでずっと更新してたんですが、なんだか上手く表示されてないみたい(>_<)

とりあえず男子SPは
1位 Russian Federation PLUSHENKO Evgeni 90.85
あいかわらず強かったです。失敗がないですね。失敗を見たことがない。今日の演技もジャンプ完璧じゃないんですよたぶん。でも失敗しないからすごい。さすがです。自分も滑ったアランフェスを滑るプルシェンコを解説の本田さんはどのようにご覧になったのでしょうか。

2位 United States LYSACEK Evan 90.30
ちょっと親を手伝っててしっかり見れてないんですが、素晴らしかったです。フリーは4回転どうするのかな。
やはり彼は来ると思っていました。

3位 Japan TAKAHASHI Daisuke 90.25
最高。これが日本のエースです。それになんか西岡さんが実況すると盛り上がるんだよなあ。いやこれは可能性ありますよ。ぜったいやってくれるはず。4回転、彼は入れるでしょう。それを入れて完璧な演技を見たい。そう思います。

4位 Japan ODA Nobunari 84.85
こちらも素晴らしかった。しかしやはり高橋選手よりは劣りますよね。ただ4位は立派です。

5位 Switzerland LAMBIEL Stephane 84.63
4回転の失敗が残念です。でも演技力はさすがでした。魅了されました。表彰台に割って入ってくるとしたら彼でしょう。魅惑の椿姫を期待したいです。

6位 United States WEIR Johnny 82.10
最後の投げキッスがウィアーらしくてとてもよかったです。ただまだまだ実力不足だと思う。逆転は難しいか。

7位 Canada CHAN Patrick 81.12
らしからぬミスがありました。地元のプレッシャーにつぶされた感があります。ただフリーは巻き返してくるでしょうね。

8位 Japan KOZUKA Takahiko 79.59
こちらも素晴らしかった。SP、フリーともにチャンと同じ組っていうのは因縁がありますね。入賞目指して頑張れ!

9位 Czech Republic BREZINA Michal 78.80
最終滑走で最高の演技。彼は19歳と若いので今後が楽しみな選手です。

10位Kazakhstan TEN Denis 76.24
彼もまずまず。やはり今後が楽しみな若手です。

11位France AMODIO Florent 75.35
カーリングのせいでたぶんカットだったと思う。見れてないのでコメントできません。

12位Belgium van der PERREN Kevin 72.90
骨の衣装が(笑)演技は良かったけど彼の実力ではこんなもんでしょうか。

13位Russian Federation BORODULIN Artem 72.24
子供かと思ったら20歳!同い年だ。しかも素晴らしい出来でした。

14位Italy CONTESTI Samuel 70.60
この選手、あまり記憶がないのはなぜ?

15位United States ABBOTT Jeremy 69.40
ここまでミスるとこうなりますよね。残念です。予想はしてましたが。

16位Spain FERNANDEZ Javier 68.69
彼はよかったですね。顔もいいし、これから人気でるんじゃないかな。

17位Germany LINDEMANN Stefan 68.50
彼はもっと出来たと思う。うん。

18位France JOUBERT Brian 68.00
まあ4回転もそのあとのジャンプも失敗ときたらこうなっちゃうでしょうね。演技力をもっと上げないとだめです。ランビみたいに。

19位Czech Republic VERNER Tomas 65.32
いつになったらハートの問題は治るんでしょうか。いい加減いい演技見せてください。って言いたくなっちゃうよほんとに。フリーは頼みまっせ!

ということで、バイトの時間なので滑走順からの分析はまたにします。


2010-02-17(Wed)

男子SP

高橋ブラボー!
現在2位(≧∇≦)

2010-02-16(Tue)

最終グループ

さあいよいよ決まります。
トップで川口&スミルノフ登場!
感傷的なワルツと美しき青きドナウ。

4回転は回避して手をつきました。
3Lzで転倒(>_<)
緊張してるのかな。頑張れ!

頑張った!なんとか頑張った!

194.77でトップです。


ドイツのサフチェンコ&ゾルコウイ

映画哀と悲しみの果てより

苦しんだ今シーズンを乗り越えろ!

ソロジャンプで女性回転不足、あっと、男性転倒!

スピンが少し乱れた。


最後はS3Sをまとめました!

210.10でトップ!

中国のパン&トン

見果てぬ夢。

いい感じです。ツイストもいい!
スロージャンプも決めてきた!

最高! フリーSPともに最高!
スタンディングです。

141.81、213.31!
フリーの世界最高得点!
さあ中国の金は確定です。あとはチンパンか、シェン&ツァオか!

シェン&ツァオ
アダージョ・ト短調

最初の3T決まった!
次のジャンプもいい感じ。
あーっ!リフトでミス!
ツイストは決めた。
スロージャンプも決まった!

やりました!
最後のエンディングいいですね。夫婦って感じがして。

さあ金はどっちだ!?

216.57っ\(^ー^)/
金メダル!
中国万歳っ!中国初の金メダルです!

銀がパントン、銅メダルはサフチェンコ&ゾルコウイでした。


さあ明日は男子です!

2010-02-16(Tue)

第3グループ

アメリカのエボラ&ラドウィグ

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。のだめや高橋大輔、村主章枝で同じみ。
昨日素晴らしい演技を見せたペア。今日もいい感じです。

今のところ目立ったミスはないよう。
いいですねぇ~。今後が楽しみですよ。
171.92でトップ!


ロシアのバラロワ&ラリョーノフ。

このペアは細かいところでミスが目立ちますね。ソロジャンプもタイミング合わず、S3Loも転倒。
やっぱりまだ結成して日が浅いってのがよくわかります。

163.50で2位。

ウクライナのボロソジャル&モロゾフ。
映画パールハーバーより。

ジャンプシークエンス、男性が手をついてしまいました。
次は問題なし。

ちょっとミスはありましたがまずまず。
181.78でトップです。

モニカ&ココン イタリア。
映画ミッションより。いい曲ですね。

素晴らしい演技です。なかなか良かったんですが161.60で4位。

以上第3グループです。

2010-02-16(Tue)

第2組

しばらくスピードスケートにいってました。加藤条治が現在3位です。
実況中継はスイスのペアから再開です。

現在トップは史上初の黒人ペアのフランスの2人です。

スイスのモラン&ドルサ。曲はワンスアポンインアメリカ。
う~ん回転不足、そしてLzで転倒です。2Fは決まった!
最後は楽しませてくれました。144.42で2位。


アメリカのデニー&バレット。
全米から構成を大きく変えたシェヘラザード。安藤さんとヨナでおなじみですね。

ツイストは完璧。ソロジャンプも決めた!S3Lzも完璧!

次のシークエンスジャンプは女性が最初回転不足で男性が最後バランス崩しました。次のジャンプは見事!
見事滑りきりました!
158.33。現在トップです。

以上第2組でした!

2010-02-16(Tue)

ペアフリーいよいよスタート!

解説は天野真さん、実況はなんと西岡さんです!

最初のペアはドイツの2人。
3Tからのコンビネーションを失敗しましたがそれ以外はまずまず。
138.74


2、SP19位 ウクライナのコステンコ&タラン

曲は月光
スロー3Lzは回転不足か。2Sで女性ステッピングアウト。しかし2Aのシークエンスによくつなぎました。
よく滑りきったと思います!
81.44
120.98
ドイツのペアには及びませんでした。

セルゲジェフ&グレボワ
曲は鈴木明子さんで同じみウエストサイドストーリー。

S3Lzは決めた!2Aは女性がシングルに。
2Lzは決めた! スピンちょっとズレた。S3Sは完璧。

いや頑張りましたよ!
コーチはマリウス・シュデクってまた昔からのファンには馴染みがある方が。

エレーナ・グレボワは兄弟なんですね。兄弟ではペアはやらないのかな(笑)

124.90 う~んドイツには及ばないか。

ポーランドのスレイ&フルシチンスキー。
ニーノ・ロータのロミジュリ。

冒頭のコンビネーションは良かったんですがS3Sで女性が足をついてしまいました。
おっと!男性が引っかかって転倒。珍しいです。ペアとしてまだ完成してないからでしょうか。

点数でるのに時間かかってます。

減点1あります。125.82。順位を上げました!

以上第一グループです。

2010-02-13(Sat)

バンクーバー五輪大予想!

お待たせしました! 前回荒川静香のメダル獲得を的中させたLittle-kのオリンピック大予想です!
では男子シングルからいってみたいと思います。
まず3グループにわけます。

Aグループ
高橋大輔、プルシェンコ、ランビエール、ライサチェク、ジュベール

Bグループ
ジェレミー・アボット、織田信成、パトリック・チャン、ミハエル・ブレジナ

Cグループ
小塚崇彦、ジョニー・ウィアー、トマシュ・ベルネル

Aグループが1番メダルの可能性が高いグループです。Bグループはもしかしたらグループ、Cグループはわからないグループです。

では細かく見ていきましょう。

1位 エフゲニー・プルシェンコ
欧州選手権を見ている限りなにか大変なことが起こらないかぎり優勝は堅そうです。なんとか連覇は阻んで欲しいところではありますが、難しいかな…。

2位 高橋大輔
全日本を見ている限りではまだプルシェンコに勝てるとは言えません。4回転などジャンプには安定感を欠いています。しかし、いままで主要国際大会で優勝できなかった大輔、怪我を克服した大輔には、きっと素晴らしいご褒美が待っていると思うんです。きっと大輔は羽ばたくでしょう。

3位 エバン・ライサチェク

大舞台に強いのがこの選手です。しかも北米大陸での試合には相性がいいんです。やってくれそうな気がします。

4位 ブライアン・ジュベール

ジャンプを失敗したら終わるのがこの選手。ただし、一年ブランクがあるランビよりは可能性あるでしょう。


5位 パトリック・チャン
Bグループですが地元が味方ですからわかりません。

6位 ステファン・ランビエール

1年間のブランクがどう影響するか。椿姫のフリーは僕は結構好きなんですが。SPが鬼門か。


7位 ミハエル・ブレジナ
今年急成長の選手。ダークホース的存在です。

8位 織田信成
信成はここが定位置でしょう。初めてのオリンピックなので楽しんで欲しいですね。

男子はこんなところです。

続いて女子

Aグループ
キム・ヨナ、浅田真央

Bグループ
ジョアニー・ロシェット、レイチェル・フラット、鈴木明子、安藤美姫

Cグループ
長州未来、ラウラ・レピスト、エレーネ・ゲテバニシビリ、カロリーナ・コストナー、アリョーナ・レオノワ、キラ・コルピ


1位 浅田真央
冗談抜きで僕は真央の優勝を信じています。先日真央が優勝する夢を見ました。そしてキム・ヨナに比べてプレッシャーは圧倒的に少ないはず。SPに関しては3Aは止めるべきです。おそらくSPではヨナがトップに立つはずなのでいかにヨナに近い点数を取るかが鍵になります。そしてフリーはヨナの前で3Aを2回きっちり決め、3-3を決めることができれば優勝の可能性は高いと思います。今期本当に苦しんできた真央。フリーは青ではなく、あの赤と黒の衣装で行くといっています。それでいいじゃないですか。真央がジンクスを打ち破ればいいじゃないですか。ジンクスなんて関係ない。最後に笑うのは彼女でしょう。

2位 ジョアニー・ロシェット

本来の実力はヨナが上です。しかし、彼女は地元ではめちゃくちゃ強いんです。表彰台に食い込んでくるとしたら彼女です。

3位 キム・ヨナ
もし彼女がこのプレッシャーに打ち勝てたら神だと思います。世界選手権で優勝し、ファイナルで優勝。点数は下降ぎみ。ファイナルでは優勝しましたが完全にスルツカヤと同じ道を歩んでいます。

しかも日本は3人に注目が分散されますが韓国のもう一人はある意味無名の16歳。キム・ヨナ1人に注目が集まるのは間違いありません。そう。伊藤みどりさんのときみたいに相当なプレッシャーを背負うことになるのです。
さらにカナダは韓国人が多い。こんな状況にかこまれているヨナが心配です。さらに試合感覚が3ヶ月も空くのは…。

4位 レイチェル・フラット

SPで出遅れ、フリーで挽回。彼女もそのパターンでしょう。未完の大器がようやく花開いてきました。バンクーバーのダークホース的存在の彼女は楽しみです。

5位 安藤美姫
全日本で3Lz-3Loに挑戦しておけば表彰台は確実だったでしょう。しかししなかった。もうオリンピックが決まっている彼女にとっては順位も関係ない大会ですからせっかくのチャンスだったのにやらなかった。ちょっと消極的すぎるでしょう。このモロゾフの作戦は失敗なんじゃないかな。今回は3-3をきっちり跳んだ選手が勝つと思います。


6位 鈴木明子
初めてなので、また彼女の実力を出し切ってもこれが妥当でしょう。180点いったらまずは合格だと思います。

7位 長州未来
初めてのオリンピック、フリー最終グループに残る可能性大の選手です。あとはフリーに確実性が欲しいですね。

8位 カロリーナ・コストナー

9位 エレーナ・ゲテバニシビリ


10位 ラウラ・レピスト

11位 アリョーナ・レオノワ

12位 キラ・コルピ



ペア予想

1位 シェン&ツァオ
2位 川口&スミルノフ
3位 サフチェンコ&ゾルコウイ
表彰台はこの3組で確定じゃないかな。シェン&ツァオは有終の美を飾るでしょう。川口&スミルノフはシェン&ツァオに勝つのは厳しいか。

4位 デューブ&ディビソン
5位 パン&トン
6位 ジャン&ジャン

デューブ&ディビソンとパン&トンはわかりません。

ジャン&ジャンは4大陸見てるかぎりでは表彰台は厳しいと思いますね。



アイスダンス

1位 ドムニナ&シャバリン

2位 デービス&ホワイト
3位 バーチュー&モイアー

アイスダンスはこの3組かな。

デロベル&シェンフェルデルが不明。ダークホースでしょう。あとはぜひグルジアのリード&ヤパリーゼに注目して下さい!
リード姉弟の妹なんです。

さあいよいよ開幕です!
コメントをくれたsashaさん、お待たせしました!
なかなか返せなくてごめんなさい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。